So-net無料ブログ作成

赤ちゃんが授かる祐気採り 2015年4月5日から5月5日 [祐気採り]

子宝によく効く祐気採り 2015年4月5日から5月5日

祐気採りという九星気学の吉方位を使って
子宝を授かる方法です。




4月は、年月同会の月なので、いつもの祐気採りの
倍以上のエネルギーがあります。

なので、年・月・日を合わせて祐気採りができるように
4月は、日も書きました。
ご利用いただけましたら、うれしいです。

yjimage3NRWK27O

九星別 吉方位



✩ 一白水星
4月子宝に効く方位はありません。



✩ 二黒土星

北30の方位へ、毎日散歩しましょう。
特に相続人が欲しい人は、頑張ってください。
散歩は1時間以上が望ましいです。
子宝に効く温泉で、身体を温めて
ゆっくりするのもおススメです。

4月・7・8・9・16・17・18・25・26・27・
5月・4・5・


✩ 三碧木星
4月の子宝に効く方位はありません。


✩ 四緑木星
4月の子宝に効く方位はありません。



✩ 五黄土星
北の方位、できるだけ、毎日散歩。
歩いて、1時間以上が望ましいです。

子宝に効く温泉を探して一泊旅行も良いです。
自転車でもかまいませんが、歩いた方が
身体に良い変化があるようです。

4月・7・8・9・11・16・17・18・20
  ・25・26・27・29
5月・4・5・

sanotoemon4佐野

✩ 六白金星
北 30度以内の方位への毎日散歩。
1時間以上が望ましいです。

子宝に効く温泉への旅行も効果的です。
身体を動かして、体質改善。

4月・8・11・17・20・26・29・
5月・5日

✩ 七赤金星

 4月の子宝に効く方位はありません。



✩ 八白土星

4月の子宝に効く方位はありません。

✩ 九紫火星
自宅から、北の方角へ散歩
歩いて、体質改善。
子宝に効く温泉を探して一泊旅行も良いです。
自転車でもかまいませんが、歩いた方が
身体に良い変化があるようです。





4月・8・11・17・20・26・29・
5月・5日


祐気採りの決まりごと



・出発するときは、自宅が拠点になります。
・自宅を出発して、自宅に帰ること。
・帰ってから15分くらいは自宅にいて、
 とってきた気を貯めていきます。

・私は、祐気散歩をする時は、朝でしたら、
 祐気散歩が終わってから洗い物や、
 掃除をするようにしています。



・祐気採りは時間 × 距離 です。
 野暮なことは聞かないでくださいね。

 絶対に自分の望みを叶えたいと思う時、
 どうしても手に入れたい時は、無我夢中ですよね・・・。

京都の梅の宮大社の子授け・またぎ石 yjimageTA4ABSBI 















本命七赤金星月命七赤金星 3月 12月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命七赤金星月命七赤金星 3月 12月生まれの性格

七赤金星の中では最も恵まれた運勢を持つ。

変化や改革を好みますから、一つの仕事に専念して
終わることは少ない。

性格は、陽気なリーダーの素質を持ち、
行動力も活発な人、コミュニケーション能力も
達者です。

男女関係は、自分の北しに相手を巻き込むタイプ。
恋愛は楽しむもの、という考えの人で、
異性関係は、華やか、多彩になります。

男女とも、相続人、長男の役割がまわってくる
可能性が高い生まれですから、包容力のある
相手を選ぶこと。

本命七赤金星月命八白土星 2月 11月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命七赤金星月命八白土星 2月 11月生まれの性格

人当たりが良く天性の頭の良さで如才なく立ち回り、
活動的で経済に明るく経営手腕もあり、財運があります。

人のために尽くす人で、次男や三男に生まれても
長男のの役割がめぐってくる、相続の因縁を持つ。

親族はじめ、子供がいない家の相続をする養子型。
女性も同じ傾向がありますが、財産は自分で苦労して
働かないと残らないようです。

男性の結婚は初婚はうまくいかないようです。

本命六白金星月命六白金星 10月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命六白金星月命六白金星 10月生まれの性格

年月同会、重ね星の人は運気の善し悪しや起伏が
激しい傾向があって、極端になりやすいので堅実に。


頭も良く、活発な行動力も持つ活動家ですが
表面的にはあまり出さないものの、物質欲が
非常に強く、欲がからむと突っ走りすぎて
せっかく作り上げた信用をおとすことが多いようです。

このことから、事業経営者となると、波乱万丈に
なりやすく、サラリーマンの方が賢明と言えます。

結婚は、相性の良い人を選ぶこと。
外面が良く社交的ですが、男性は愛情に
迷いやすいタイプ、女性は無難。


本命六白金星月命七赤金星 9月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命六白金星月命七赤金星 9月生まれの性格

独立運が強く事務管理能力も持っていますが、
人見知りが激しい性格の傾向があって、気が合う人には
普通に話ができますが、親しくなるまでには時間がかかり
無口・話し下手となるので、誤解されやすいのが欠点。

人に支配されることが人一倍嫌いな性格ですが、
人のために働く、人に尽くしてこそ、
人から信用されて、応援してもらえるようになってこそ
自立・独立に向かいます。

結婚する相手は、男性は社交的な明るい女性を選びます。
女性は、相続人に縁があり、本人の力量が問われるので
相性の良い、尽くしがいのある人を選びましょう。




本命六白金星月命八白土星 8月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命六白金星月命八白土星 8月生まれの性格

若々しい、しっかりとした考え方の中にも、
繊細な感覚や才能を兼ね備えた才気あふれる
活発な性格の人です。

そのために、人から束縛されたり、頭を
押さえつけられることを極端に嫌いますから、
自立独立型・商売人を目指す方が良いでしょう。

男性は、家庭ではワンマン型のわがままタイプ、
外面がよく、外出を好みます。

血縁者や知人との縁がうすい傾向が強いので
あてにしないほうが良い。

次男として生まれても、相続人になるかも・・・。
女性は、結婚した相手が、長男の役目を
する傾向が高いです。



凶方位 に行ったその後の、簡単!凶作用デトックス対策 [祐気採り]

凶方位 に行ったその後の、簡単!凶作用対策


大切な仕事の出張や親戚や友人の結婚式など、
お付き合いで凶方位へ行くことは日常的な事、
仮にそこが自分にとって大凶方位であったとしても、
不安に思うことなく、そのご縁をありがたく受け止めて、
仕事をしますし、人に会って普通にすごします。



『せっかくの結婚式ですが、凶方位なので欠席させてください』
『今年1年間はそちらが五黄殺となるため、絶対に行きません』


なんてことは、できませんよね。


せっかくの方位学の知識なのに
不安な気持ちにさせるのは、間違った解釈の仕方です。
中途半端に知らない方が、運良く過ごせると思います。




私は、方位の吉凶は大切だとお伝えしたいし、
経験上、それが人の運に関わることもあると、
思っています。


受けるかもしれない凶作用をデトックスする方法。

行かなければいけない所には、行きます。
その代わり・・・・・

家に帰ってすぐに、着て行った服は下着まで、
脱いで、家で洗えるものは洗ってしまいます。


できればそのまま、粗塩を少し入れた
お風呂にすぐに入ります。
(あまりたくさんだと、浴槽によっては、サビになる)

お風呂がだめでも、せめて、手洗い、うがい、洗顔をします。


それが私なりの凶方位のデトックスの仕方。
凶方位から帰った時の習慣になっています。




これで、心・気持ちが、ホッとします。
粗塩は、浄化に効果的だと信じています。





霊験あらたかな方位除けのお祈りやお御札
また神社仏閣のお守りも良いでしょうが・・・。


自分でできるので、お金がかからない。

洗濯をして湯船につかって、汗を流すと、
凶方位のデトックスができたと、自分なりに納得して
お風呂にはいって、ホッとする、安心するのです。


最近の日本人は毎日、お風呂に入るいるのが習慣に
なってきているわけで、あなたも
自然にデトックス、やっているみたい。

粗塩を指でひとつまみ入れるか、入れないかの違い?
凶方位だけでなく、嫌な人に出会った時にもどうぞ。





流派や伝統も大切だと思いますが、
それらが乱立し混濁する『運』を扱う業界の中から、
どれを選んで活用していくかの判断は、


自分がホッとできて、分相応な手段が一番、と思います。
気負いなくできるし、長続きします。





凶方位へ出かけることがあったら
帰宅したら洗濯と粗塩ひとつまみの入浴セット
デトックスをやってみてください。


心と身体が軽くなった!
と思えたら、いいですね^^。


凶方位を気にするなら、時間があるときに
吉方位で過ごす、祐気採りをすることを
おススメします。









本命六白金星月命九紫火星 7月生まれの性格 [九星気学でみる性格]

本命六白金星月命九紫火星 7月生まれの性格
坤宮傾斜

基本的に真面目で働くことが大好き、誠実な人です。

自分を少し、かばいすぎる傾向がありますが、
働き者ゆえ、金運もあり、家庭運も円満な人です。

ただ、考え方が地味、頑固で融通が効かないせいか、
部下運には恵まれない傾向が強いので、
自分で大きな事業を起こすよりも、サラリーマンとして
務める方が無難な人生となります。

異性関係は、男女ともにモテるほうですが、
迷いやすかったり、優柔不断な性格なので
見合い結婚をしたほうが、早く結婚が決まる。

比較的、恵まれた人生を送ることができますが
慎重さは、忘れないこと。

凶方位へ引越し対策 方違えよりも家の中で移居動身 [祐気採り]

凶方位へ引越し対策 方違えよりも家の中で移居動身

凶方位へ引っ越した・・・とお悩みの方へ、凶作用を
少しづつですが、打ち消していける対策です。

吉方位への引越しは、眠っている間に
良いエネルギーを身体に取り入れることができ、
心身ともに健康に生活できる、それによって
前向きな生き方ができ、夢を追いかけ、手にいれる。

というのが基本と思います。

凶方位へ、どうしても引越ししなければいけない、
知らずに、凶方位へ引越ししてしまったことに気がついた。

凶方位へ引っ越したからといって、すべての人に
悪いことがおこりません。

運気が強く、ぜんぜん影響なく生活している
人のほうが多いと思っています。

また、「多少の苦労があるのが人生だ」と
考えれば、何か問題が起こっても、凶方位へ
引っ越したせいかも・・・なんて考えないと思います。

でも、神経質な性格の人は、気になったら忘れられない。

なので、凶方位を打ち消す対策、教えます。

これは、病気の人にする祐気採りの方法です。
家の中で、引越しをするのです。

家や部屋の吉方位に50センチの距離でも、
寝る場所(心臓の位置)を動かすのです。

単身のマンションでは、部屋の中でしかできないので
ほんの50センチでも、吉方位の時にお布団や
ベットの位置を動かします。

大きな家で、部屋の取替が効くようであれば、
吉方位の部屋へ布団やベットを移動して、寝るのです。

これで、寝ている間に少しずつ、良いエネルギーを
採ることができるようになります。

方違えは、4ヶ月以上、別の土地で寝泊りしなければ
効果がないと思いますので、この方法が一番
実践しやすいかと、思います。

狭い空間の中での移居動身ですから、方位を正確に
出すことが素人では難しいかも・・・です。

自信のない方は、専門家に相談してくださいね。

・住んでいる部屋や家のきちんとした見取り図を用意する。
 (賃貸マンションの人は、不動産屋さんでもらう)
 (持ち家の人は、登記簿謄本の中に設計図が入っている。)
 
・見取り図に北方位の印があるか、確認する。
・住んでいる地域の北方位が入った地図を用意する。

(とにかく、北方位がわからないと、方位がきちんとでません。)


これも、いろんな事情でできない、としたら、
凶方位を気にしない、のが一番ですが、
それでも、気になる・・・という方は、
「奇門遁甲」をつかうことをおススメします。

「奇門遁甲」は、中国の諸葛孔明が使ったことで有名です。
三国志の時代、戦争で大きな軍隊を動かす時に使われたもの。
日本の気学を作る元になったと言われています。

気学のように、個人ではなく団体で動くという考えで
特に、時間の吉方位を使います。
気学の堅苦しい吉方位の考え方より応用が効くと思います。


何を信じるかは、あなたです。
古今東西、いろんな占いや開運方法があります。
自分に合ったやり方を信じて実行すれば、いいのです。

凶方位を気にしすぎて怖がる、その気持ちが凶災を
呼ぶことになりかねません。

何かが起こっても、人生いろいろあるわ。
乗り越えられない山はない、どうやったら乗り越えられるか?
前向きに考えて生活していけば、いいのです。

くじけそうになった時は、一人で頑張らないで
運気が強そうな人に応援をお願いしましょう。

また、そこから離れて、祐気採りや気門遁甲の吉方位で
温泉につかったり、雄大な風景をみたり、
美味しいものを食べたり、違う空間の人と話をすると
変化がおこる可能性が高いのです。



凶方位への引越し対策、
・引越し先の神社、氏神さまへご挨拶のお参りをする。
・部屋の中、家の中で、吉方位へ寝るところを変える。
・気学の祐気採りをする。
・気門遁甲で吉方位を使う。






















凶方位へ引越ししたときの対処の仕方 [祐気採り]


氏神さまへご挨拶

凶方位だろうが、吉方位だろうが、引越しをしたら、
引越し先の地元の神様、氏神様にお参りして
引越しのご挨拶をしましょう^^。


(住所と氏名を必ず唱えて、
 引越しして参りました。
 お世話になります、よろしくお願いいたします。)


特に、凶方位が気になるのであれば、
毎月お参りしましょう。

凶作用は、みんなに起こるわけではありません。


基本的に、凶方位へ引越しした人がすべて
凶作用の事象がでて、苦しむとは思っていません。

ぜんぜん、凶作用を感じない人の方が多いと思います。
だから、日本人は勤勉に働いて、まずまず平和に
暮らしています。


ただ、私も、20年ほど前になりますが、
器楽を知らなかったもので、五黄殺方位へ引っ越して、

4年目に初期でしたが、ガンの手術をしたり、
7年目からは、自営の主人の仕事が暇に
なって、いろいろ悩みました。

その時に、気学に出会って、祐気取りを教えてもらって
苦しい日常から精神的に救われましたし、
いろんな問題が起こっても、冷静に対処できるように
なりました。


祐気採り

旅行する前に方位を見たり、積極的に吉方位採りをして
開運すると決心できないなら、凶方位のことは、
忘れるのが一番だと思います。


凶方への引越しは、御祓いや御札で消してもらおう・・
というのは、なかなか難しいようです。
お祓いや御札をいただくことによって、
気持ちが落ち着くなら、それでも良いと思います。
効果があるから残っている方災避けの方法だと思います。




吉方位も、凶方位も、生まれてから死ぬまで
人は動くわけですから、取り続けるものです。
方位だけでなく日頃の生き方、考え方も
方位採りになるんですよ。


例えば、方位別の特徴は、

一白水星の凶方位の象意は、不倫する、うそをつく、
二黒土星の凶方位の象意は、仕事を怠ける、忍耐力が無い、
三碧木星の凶作用は、人の迷惑顧みず、騒音を出す、
四緑木星の凶作用は信用を大事にしない、
五黄殺は、ゴミを平気で道路に捨てる、嫌われる行為をする。
六白金星は、親や上司を敬わない、新興宗教などに騙される
七赤金星は、人の悪口ばかり言う、無駄使いが多い
八白土星は、転職ばかりを繰り返す、継続が苦手
九紫火星は、短気で癇癪持ち、勉強が嫌いなど。


生まれ持ってなのか、生まれてからの動きに
偏りが生じたせいなのかはわかりませんが、
人には、このように九星の過不足が多少はあると思います。


凶方位へ引越しをするということは、
このような象意が、より強く働くようになると
思うのです。




ですから凶方位への引越しで悩んでいないで、、

日頃の生活を真面目に努力 (二黒土星の吉方位)
できるだけ表裏のない性格で(一白水星)
明るく前向きに目標を持って(三碧木星)
誠実な生き方で信用を大切に(四緑木星)
神仏や親・先輩上司を信じて(六白金星)
社交的に人付き合いを大事に(七赤金星)
変化するときは時期を見て (八白土星)
必要に応じて、勉強する  (九紫火星)

に、努めて生活する方がはるかに有意義だと思います。
これが普通にできれば、何の心配もいらないと思います。
この方法を一番にお勧めします。



とはいえ凶方位に引っ越したことに気がついてしまった以上
気にするなといっても、悩んしまうのは当然ですよね。

すぐに吉方位への、引越しもできないとしたら、


気学では吉方位を採る(祐気採り)ことによって、、
凶方位の厄災を

「大難を小難に、小難を無難に」

と乗り越えられる範囲にする事が出来ると考えます。


祐気採りを続けて、10年間、乗り越えることができれば、
とりあえずは大丈夫でしょう。

10年計画ですから、専門家に相談しながら
祐気採りの計画を立てるか、自分で勉強して
計画を立てる必要があります。

吉方位採りには、
・ 祐気散歩 できるだけ毎日1時間、吉方位へ歩く。
・1泊以上、吉方位への旅行をする方法
・吉方位の水を汲んできて、9日間毎日飲み続ける「お水取り」、
・家や部屋の吉方位に多少の距離でも、寝床(心臓の位置)を
 移す、寝所移動があります。


これらを組み合わせて行うことによって、
バケツの泥水にきれいな水を
注ぎ込むように凶方位の作用の厄災を
薄めていくことができると考えられているのが
九星気学の祐気採り・開運法なのです。


凶作用の事象は、4・7・10・12年の順番に
4年目の小難から年を重ねるごとに強く現われます。
その状況を観察し、分析しながら祐気採りをする
吉方位を調べて実行していきます。

ですから、祐気採りは一回だけすればよいとか、
これくらいで・・・という一時的なものではないと
考えていただく必要があり、
専門家のアドバイスが必要になる訳です。


気学の吉方位採りをすることによって、
将来の予想ができ、対応する力も身につきますから、
自分で勉強するのも良いですが、最初の基本的なことは
専門の先生に指導を受ける方が良いと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。